ポータらんど

香水

おすすめアイテム


コスメ
価格:
SHOP:


ボディケア
価格:
SHOP:


香水
価格:
SHOP:


香水
価格:
SHOP:

22点中 1 - 10 点目を表示



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:

22点中 1 - 10 点目を表示

ページトップへ戻る

香水について

香水は体や首元、または洋服などにつけて、香りを楽しむアイテムです。
また、それゆえに、その日の気分やTPOをわきまえて香りを選びたいですよね。
そこで今回は香水について記事を書かせていただきます。
もともと香水は海外で宗教的な用途で使用され、フランスでは入浴観念がなかったころに、体臭消しとして使用されていました。
日本では、食文化や入浴観念から匂いに敏感なため、香水をつける習慣はあまり一般的ではありませんが、それでもファッションの一つとして使用する方は多いと思います。
シトラスやフローラル、オリエンタルやオゾンなど、香りの種類も豊富です。
また、濃度や温度によっても香りに変化が生じるため、一つの香水をもってしても、3種類以上は香りを楽しめるものが多いです。ファッション感覚でつける人も多いことから、有名人がブランドを立ち上げてプロデュースしている場合も多いです。
たとえばパリス・ヒルトンが自身の名前を使ってブランドを立ち上げ、恋人たちがつけやすいようにと、香水の名前も「JUST ME」とつけたり、セクシーなイメージを持たせるフレグランスを使ったりと、大人げな演出をしています。
また、有名人が立ち上げたブランドではなくても、有名ブランドであるクロエやグッチ、フェラガモなども香水をプロデュースしており、ファッションの一環として気軽に利用できるようになっています。また、バーバリーですと、おなじみのバーバリーチェックをボトルに使用し、香水はつけなくともインテリアとしても飾ることができるようになっているのです。
このように、イメージやブランド性を大事にしているため、その香りを身にまとうことによって自分のモチベーションを高めることにも使えます。
また、男性と女性、両方使えるユニセックスの香水もあり、恋人や夫婦間で同じにおいをつけて、絆を深めあうこともできるのです。しかし、香りそのものを楽しむことが目的ですから、あまりつけすぎてきつくならないようにすることも大切です。
先ほども紹介したように、日本人は匂いに敏感な方が多いだけに、きちんとTPOをわきまえた香りを選び、周囲に不快感を与えない付け方をしなくてはいけません。
よく首に香水をそのままつける方が多いのですが、首よりも手首やお腹などに少量を垂らすだけで十分いい香りがしますので、香水をつける際はぜひ気をつけてみてください。
また、スカートの裾にかけて、歩くたびにふんわりと優しく香り、夏でしたら扇子に少量をかけてあおぐと、涼しさと共にいい香りがするので、リラクゼーション効果もございます。
ここではいくつか香水の魅力を紹介いたしましたが、人によってつけたい香りやイメージがあると思いますので、一度専門店などで試してみてはいかがでしょうか。