ポータらんど

絵本/児童書

おすすめアイテム


コミック
価格:
SHOP:


コミック
価格:
SHOP:


コミック
価格:
SHOP:


コミック
価格:
SHOP:

19点中 1 - 10 点目を表示



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:

19点中 1 - 10 点目を表示

ページトップへ戻る

絵本/児童書について

絵本と児童書に関する本には子供の豊かな想像力と空想力を広げ、絵本や児童書籍を通じた親子のコミュニケーションを作り出す魅力が溢れています。
なんで、どうして、どうなったのと、子供は質問しながら物語の中に入り込み、主人公や登場人物と一緒にストーリーの世界で遊び学ぶのです。
絵本には1歳児から言葉が読めるようになるものから幼稚園の年少、年中さんまで楽しめるようなものまで、幅広いジャンルがあります。
子どもたちは絵本を通じて、身近な生活環境で目にする日用品や乗り物、そして草木や乗り物の名前を覚えるだけでなく、挨拶や礼儀、道徳、そしてコミュニケーションなども学んでいきます。絵本には新人から人気作家まで独特の想像力と好奇心に満ちた作品があり、シリーズ化されている絵本もあります。可愛いキャラクターと仲間たちが繰り広げるストーリーとイラストは、子供だけでなくお父さんお母さんも一緒に楽しむ事ができます。あまり言葉を話せない幼年期は、イラストが中心で文字の少ない絵本が適しています。
イラストと短い文字がマッチングしている絵本は、目から情報を得る事ができるように工夫されているのです。飛び出す絵本や仕掛けのある絵本も小さな子供は興味を示してくれます。シリーズ物の絵本はキャラクターや文字の大きさとデザインが統一され、シリーズごとにストーリーが進展し言葉が多くなっていきます。絵本を読み聞かせる時には、子供の想像力と空想力を優先させて余計な説明をせずに、ジェスチャーを交え、感情を込め、抑揚をつけて読み聞かせると良いでしょう。
中々言葉を覚えない場合は、文字を指でなぞりながら読み聞かせると早く覚える事ができます。児童書には子供が成長するに必要な一般常識、礼儀、道徳などが織り込まれたストーリーが多く、児童文学とも呼ばれています。
子供向けの書籍として相応しいかという判断は難しいですが、全国学校図書館協議会が推薦図書を選定しているので参考に出来ます。
絵本に比べると教育的な部分と感受性や個性を育てる部分とに分かれます。
教育的な部分では、ストーリーから数字やひらがなカタカナを覚えたり、社会ルールを学んだりできる工夫がされています。
架空の登場人物や擬人化されたキャラクターも登場し、魔法や冒険、おとぎの世界を通して少しずつ大人に成長していく過程も描かれています。
児童書には何十年と読み継がれている児童文学もあり、人気作家の書き下ろしやシリーズも人気を呼んでいます。