ポータらんど

文庫/新書

おすすめアイテム


コミック
価格:
SHOP:


コミック
価格:
SHOP:


コミック
価格:
SHOP:


コミック
価格:
SHOP:

14点中 1 - 10 点目を表示



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:

14点中 1 - 10 点目を表示

ページトップへ戻る

文庫/新書について

文庫本は古典作品を広める為に発刊されましたが、近年では書き下ろしの新刊も豊富に出版されています。
また文庫本には、名作といわれる作品が多く単行本から読書を始める方にも適しています。
過去の愛読した作品も改めて読み直すと当時とは違う感覚を受けることがあります。
文庫本の魅力は創刊から何十年と経過しても決して色褪せることがない傑作が多い事です。
古きよき時代を現代に伝える純文学には、日本人の心の原点と懐かしく美しい日本の情景が映し出されています。文庫本の中には教科書で取り上げられている作品もあり、年齢に応じた子供へのプレゼントとして人気もあります。
文庫と新刊に関する書籍には、過去に映画化されロングセラーを続ける文学作品があり、現代でも主人公を代えた新作なども上映されます。歴史や時代をテーマにした文庫本には、平安時代中期の女性作家紫式部の源氏物語を現代風にアレンジした作品、戦国武将の生き様を描いた作品、架空の主人公を用いた時代劇タッチの文庫本が人気を呼んでいます。男女の深層心理を微妙なタッチで描く心理学を活用した作品は、時に恋愛のバイブルとして愛読される事もあり、幅広い読者層を獲得しています。
文庫本には文学作品だけでなく、推理サスペンス、冒険アドベンチャー、コミックファンタジーなど多岐にわたります。また、日々変化する社会情勢や金融経済をテーマにしたビジネスマン向けの文庫本や自由人によるエッセイ、ポエム、詩集なども愛読されています。文庫本を選ぶ場合、これから本格的に読書を始める方にお勧めなのが、社会的な一般常識として読んでおきたい文学作品です。社会にでてからのコミュニケーションに役立つ場合も多く、時には就職の試験に問題としてだされたり、文学作品に対しての作文を提出させる場合もあります。
文庫本のジャンルから趣味の旅行や職場など身近に感じる作品タイトルから連想して選ぶと共感する部分も多く内容を把握しやすいメリットもあります。文庫本の中には日本語以外に英語、中国語、韓国語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語など外語に訳された書籍もあります。
愛読書の翻訳本であればストーリーが判っている分習得している外語のスキルアップや語学の教材として活用する事もできます。お気に入りの作家名やタイトルでダイレクトに検索する方法や、ショップの新刊情報などを読んで立ち読み機能を利用するのも賢い選び方と言えます。