ポータらんど

米/雑穀

おすすめアイテム


野菜/果物
価格:
SHOP:


和菓子
価格:
SHOP:


洋菓子
価格:
SHOP:


洋菓子
価格:
SHOP:

70点中 1 - 10 点目を表示



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:

70点中 1 - 10 点目を表示

ページトップへ戻る

米/雑穀について

日本人の主食であるお米の種類は数多く、日本国内では300種類以上の品種があるといわれています。
また生産者により、おいしさはもちろん、栄養バランスの向上や、病気への耐性、生産量の向上なども研究され、年々品種改良が進められています。
お米は、外皮や胚芽を取り除いた白米を炊いて食べることが主流ですが、近年では健康志向ブームにより、玄米食が注目されるようになりました。玄米は白米に比べ、ビタミン・ミネラルを豊富に含んだ理想的な健康食品です。加えて、消化するために、より多くの時間とカロリーを要するので、ダイエットにも適しているといわれています。また、お米以外に雑穀をまぜたごはんも注目が高まっています。
代表的な雑穀である、あわやひえは、ビタミン・ミネラルを豊富に含み、特に食物繊維や亜鉛、マグネシウムなどが多く、食物アレルギー対策も期待できることからも人気があります。
しかし玄米や雑穀は白米に比べると、やや炊き方が難しいことで敬遠されがちですが、ごはんを炊く際に白米にまぜることで、通常のごはんと同じように、雑穀ごはんを炊くことができます。
各メーカーからも白米に合わせやすい雑穀をブレンドしたものが発売されており、人気があります。
味や栄養の面以外に見た目が華やかになり、食欲の増進にも繋がります。
さて、お米といえば日本の代表的な食材ですが、世界各国にもお米を用いた料理がたくさんあります。
それぞれの国や料理によってお米の種類も様々です。
数多くの料理本や、インターネットのレシピサイトなどで、各国のお米を用いた料理が紹介されるようになりましたが、調理方法によっては、日本のお米のように比較的水分の多いものよりも、外国の水分量がすくないお米が適している場合もあり、現在ではそのニーズに合わせて、外国産の輸入米を取り扱うお店も増えてきています。
また、以前は各国料理の専門店に行かないと味わうことが難しかったのですが、外国産のお米を取り扱うような輸入食材店では、専用の調味料やレシピがセットになっている商品も販売されており、家庭でも手軽に各国のお米料理を楽しむことができるようになっています。
もし、近場にそのようなお店がない場合、インターネットのオンラインショッピングで輸入食材をお求めになることもできます。
当サイトでは、国産の厳選されたお米やごはんに合う食材や調味料を取り扱うお店、また外国産米を含めた輸入食材を取り扱うお店なども紹介しておりますので、ぜひご利用ください。