ポータらんど

健康・ダイエット

おすすめアイテム


その他
価格:
SHOP:


健康サプリメント
価格:
SHOP:


健康食品
価格:
SHOP:


その他
価格:
SHOP:

223点中 1 - 10 点目を表示



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:

223点中 1 - 10 点目を表示

ページトップへ戻る

健康・ダイエットについて

年齢とともに、それまでの生活の積み重ねが、からだに現れて来ます。将来のメタボリックシンドローム予備軍にならないうちにと、ダイエットを考える方は多いでしょう。健康を保つために体重管理を、という考え方は極めて常識的です。
むしろ、20代から30代の若い女性に、無理なダイエットによりやせ過ぎている人が多いという医師の指摘に、貧血などで体調を崩したりはしていないかと心配になります。無理なダイエットの先に待つリバウンドで、逆に肥満を招いてしまったら、さらに健康を害してしまう怖れもあります。健康という観点から見ると、自分自身にあった適正体重と、こうありたいという理想体重とでは、大きな落差があるようです。健康づくりの基本は、栄養、運動、休養と言われています。ダイエットをきっかけに、自分に必要な食事量や運動量を知り、生活リズムを整える方向に自分を変えられるのであれば何よりですが、果たしてそういう方法があるのでしょうか。
最近、テレビ番組で紹介された、体重を量るだけという画期的なウエートコントロール法が注目されています。
この方法は、朝と晩の2回、体重を計測してグラフに記入し、1日の行動を振り返ることを通じて、体重管理を行いながら生活改善へと導こうというものです。もともとダイエットという言葉は、飲食物あるいは食事療法という意味で、専門家の中には、ダイエットではなくウエートコントロールと言うべきだと指摘する人もいますが、すでに現代日本語として、減量および肥満防止あるいは肥満解消のために行う食事制限、減量のために行う運動を意味する言葉として定着しています。体重を量るだけのダイエット法は、単純に食事制限や運動を行うのではなく、自身の食生活を振り返りながら、自ら体重増加の原因を探り当てていくところがポイントです。例えば、食事の時間帯や食べた量が及ぼす体重変化への影響から夜の食事は控えめにする、ウォーキングに費やす時間をもう少し増やそうという具合に、自ら解決策まで考えます。体重を計測するだけという手軽さで始めたら、生活そのものが変わっていたというところが、これまでのダイエットとは大きく違う点です。一日に50グラムから100グラムの体重減少を目標にしており、短期間で大きく体重を落としたいという人には向きませんが、長時間かけてゆっくりと生活改善しながらやせていくやり方のほうがリバウンドの心配も少ないようで、結果的には着実な方法といえるかもしれません。
体重管理は健康なからだづくりへの目安のひとつです。数字のみにとらわれずに、毎日の暮らし全体を見直しながら、ゆったりとした気持ちで進めるようにしたほうがよさそうです。