ポータらんど

計測器/健康管理

おすすめアイテム


その他
価格:
SHOP:


健康サプリメント
価格:
SHOP:


健康食品
価格:
SHOP:


その他
価格:
SHOP:

6点中 1 - 6 点目を表示



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:

6点中 1 - 6 点目を表示

ページトップへ戻る

計測器/健康管理について

家庭で、誰でも簡単にできる健康管理と言えば、体重を量ること。
体重の増減が、思わぬ病気の発見につながることもあります。
体重計に乗るだけという簡便さがポイントです。
体重管理のみでの健康管理だけでなく、事前に自分の性別、年齢、身長などのデータを入力しておくと、体脂肪率や内蔵脂肪レベルまで計測してくれる体組成計体重計が登場しています。
計測された体重、体水分率、体脂肪率をもとに、基礎代謝量や骨量を判定出来る機種もあり、加齢に伴い気がかりになってくる骨粗鬆症の予防に役立つかもしれません。
この体組成計体重計は、専用ソフトを購入してPCにインストールしておけば、測定データをPCで管理できるようになっており、グラフによって簡単に健康チェックを行うことができます。
体重計がここまで高機能になってくると、自分や家族の食生活や暮らし方における健康意識が一気に高まりそうです。
一方で、数値の変化に一喜一憂してしまい、数値ばかりが気になる恐れもあります。
数値は毎日の暮らしの積み重ねの表れに過ぎません。
数値の変化に気がかりを感じたら、医師に相談するように心がけたいものです。
運動量が気になる人の定番となっているのが万歩計または歩数計です。
その日の歩数がどのくらいの消費エネルギー量になるのかを表示してくれる万歩計もあります。毎日の行動と照らし合わせながら、どういう過ごし方をした日に歩数が増える、あるいは増えないのかをチェックすれば、運動量を増やすコツもつかめそうです。万歩計にも、生活習慣改善につなげることを目的に、PCと接続して毎日の体重と運動データを記録する機能を搭載した生活習慣記録機とよばれるものが登場しています。
体重や運動量以上に、健康管理に欠かせないのは体温を計ることです。
発熱の有無を調べることのみならず、妊娠を希望する女性にとっては、からだのリズムを知るために基礎体温の計測は欠かせません。
妊娠を希望しなくとも、基礎体温を測り、グラフで記録することは、女性のからだの変化を知る大切な手がかりになります。
一般的な体温測定のための体温計と、基礎体温を測るための基礎体温計とでは、体温を測る目的が違います。特に基礎体温計は細かい単位まで計測できる反面、測れる体温に限度がありますので、一般的な体調管理には向いていません。
それぞれ専用のものをそろえて使い分けることが大切です。血圧が気になる世代にとっては、血圧測定も自宅での健康管理に欠かせなくなってきます。
家庭向けにはデジタルで自動計測できる血圧計が一般的です。
袖をまくって腕を差し込む一般的なタイプのものと手首に巻いて測るものがあります。
また、料理の塩分濃度を計測できる塩分計も、家庭での高血圧や腎臓病の方の食事管理に利用したい計測器のひとつです。
数字はひとつの目安に過ぎませんが、重大な体調変化を示している場合もあります。
継続的に計測して記録を取ることで、変化を読み取ることができます。
カレンダーに数値を書き記すだけでも充分変化に気づけるはずです。
そういう行動を継続することから、本当の健康管理が始まるのかもしれません。