ポータらんど

安眠グッズ

おすすめアイテム


その他
価格:
SHOP:


健康サプリメント
価格:
SHOP:


健康食品
価格:
SHOP:


その他
価格:
SHOP:

3点中 1 - 3 点目を表示



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:

3点中 1 - 3 点目を表示

ページトップへ戻る

安眠グッズについて

ストレスの多い現代社会を反映しているのか、不眠症とまでは行かなくとも日本人の5人に1人は満足できる睡眠が得られていないそうです。疲れを解消し、十分リフレッシュできる睡眠を確保するためには、自分にあった枕や寝具を用意し、睡眠環境を快適に整えることが不可欠。安眠をサポートするための安眠グッズには、どのようなものがあるのでしょうか。旅行先で枕が替わっただけで眠れなかった経験のある方も多いでしょう。枕は素材や形が寝心地に大きく影響してきます。昔ながらのそば殻や、丸洗いできるビーズのほかに、最近ではヒノキチップや竹炭を使った枕も人気があります。近年定番化した低反発枕は、自分の頭の重みで自然な形にフィットし、無理のない姿勢を維持することが出来ます。替わったところでは、木で出来た枕で、首の骨のカーブにあてて使用します。どのような枕を選ぶ場合でも、熱がこもらず頭や首を自然な形に支えるようなタイプの枕が、リラックス効果が高いようです。気候に合った寝具も大切でしょう。湿度の高い日本では寝具がすぐに湿りがちですが、そのような場合は吸湿マットをセットで使用するのがおすすめです。天日干しにして繰り返し使用できるタイプのものが経済的にも優れているといえます。腰痛のある方や、体に出来るだけ負担をかけたくない方には、低反発マットも良いでしょう。無理なく体全体を支える機能があり、リラックス効果を高めてくれます。アレルギーが心配な方には、防ダニ布団というものがあります。布団生地や縫製に工夫をして、ダニやほこりを寄せ付けない仕様になっています。寝具を整えた上で、さらに暑い時期ならジェルシートなどの冷却グッズを、寒い時期なら湯たんぽなどを利用して、温度調節すればより快適に眠ることが出来ます。ところで、本人のみならず同じ部屋で寝ている人の睡眠にも影響するのが、いびきです。本人の意思でどうにかなるものではないため、延々と悩まされることになりがちです。いびき対策としては、睡眠中の呼吸をサポートする鼻腔を広げるテープや、口の中を固定するマウスピースなどが販売されていますので、一度試してみてはいかがでしょうか。さて、飛行機や夜行バスなどでの安眠対策には、騒音や光を防いで楽な姿勢を確保するのがポイントです。耳栓やアイマスクに加え、首を支えるネックピローや抱き枕、ブランケットなどが重宝します。靴を脱いでリラックスできるように、スリッパやフットレストになるクッションやバッグを用意しておくと良いでしょう。このほかにも、安眠をサポートする商品には、寝室環境を整える照明や音楽、アロマなど数多くの商品が販売されています。安眠グッズを上手に利用して、快適な睡眠を手に入れましょう。