ポータらんど

楽器/機材

おすすめアイテム


その他
価格:
SHOP:


CD/DVD
価格:
SHOP:


その他
価格:
SHOP:


CD/DVD
価格:
SHOP:

商品がありません

楽器/機材について

楽器には、鍵盤楽器、弦楽器、管楽器、打楽器、鍵盤楽器、電子楽器など、実に様々な種類があります。大きく分けるならば、単体で音を奏でるアコースティック楽器と、音を増幅させたり、音色を加工して鳴らすために、専用の電気機材を用いるエレキ楽器にわけることができます。アコースティック楽器は、ジャズ、ブルース、ボサノバ、フォークなど、楽器そのものの音色を活かして楽しむ、また歌い手の声を引き立てて聴かせるような音楽ジャンルに用いられ、環境的にも屋内外問わず、音響機材の無い場所でも手軽に演奏することができます。エレキ楽器は、ロック、ポップス、エレクトロニカなど、大きな音や、様々な音色を用いて楽曲を演出するような音楽ジャンルに用いられています。音楽スタジオやライブハウス、ホール、あるいは野外において、音響機材が整っている環境であれば
より迫力のある、表現性豊かな演奏を行なうことができます。さて、アコースティック、エレキ、いずれにおいても新たに楽器の演奏をはじめようと考える人々にとっては、まずどのような楽器や機材を選べば良いのかという悩みが付きものです。なにぶん同じ種類の楽器や機材でも、タイプ、メーカー、価格など選択肢は多岐に渡ります。選ぶ基準にお悩みの場合、ポイントとしてあげられるのが、自分の好きなアーティストやミュージシャンが使っているもの、自分がこれから演奏してみたいと思う音楽のジャンル、音楽の先生や先輩、信頼できる経験者からすすめられたもの、楽器や機材を目にしての一目惚れや触ってみた時のフィーリングなど、まずは自分自身が納得できるポイントが手がかりとなります。ここである程度、選択肢が絞り込まれてくるかと思われますが、次に予算との兼ね合いが考えられます。例えばミュージシャンモデル、シグネイチャーモデルや、プロが信頼をおく楽器や機材など、より理想的なものを求めようとすれば、おのずと価格も比例して高価になります。しかしながら、高価なことが重要というわけではありませんので、予算が限られている場合は、できるだけ理想に近い楽器や機材を見つけるために、雑誌やカタログなどを用いて、楽器店のスタッフや知識のある方と相談してみるもの良いでしょう。また、インターネットで音楽、楽器のコミュニティやクチコミ情報を参考にして選択肢を絞り込んだり、同じ楽器や機材においても、ウェブサイトを通じてよりお求め安い価格のものを探す手がかりとして利用するということもできます。当サイトでも、楽器や音楽機材を取り扱うオンラインショップからおすすめの商品が紹介されていますので、皆様のミュージックライフにお役立ていただければ幸いです。