ポータらんど

ベッド

おすすめアイテム


ベッド
価格:
SHOP:


ベッド
価格:
SHOP:


インテリア雑貨
価格:
SHOP:


ライト/照明
価格:
SHOP:

318点中 1 - 10 点目を表示



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:

318点中 1 - 10 点目を表示

ページトップへ戻る

ベッドについて

睡眠は、体の疲れを癒す究極の時間です。
睡眠時間はそれなりにあったのに、なんだか体に疲れが残っているなら、それはベッドやマットがあなたの体に合っていないのかもしれません。
快適な朝を迎えるには、睡眠時間の長さも必要ですが、ベッドやマットが体に合っているかどうかが大切です。
マットの場合ですが、マットの硬さが柔らかすぎると、体の重さが加わるところが沈みやすく、背骨に不自然な負担がかかり、体が歪んでしまう場合があります。かといって、硬すぎると体の血のめぐりが悪くなって、快眠とは思えないでしょう。体に合った硬さというのは、身長や年齢、寝る姿勢や体重などの条件で違ってきます。海外の映画に出てくるようなふかふかのベッドで寝たいと思っても、体に合わず疲れが翌朝まで残ってしまっては、良質な睡眠をとっているとは言えません。より質のいい睡眠をとるために、自分に合ったマットの硬さを探すことは、健康への第一歩になるでしょう。
そしてベッドにもたくさんの種類があり、選び方も様々ですが、寝室のインテリアに合わせるということがポイントのひとつになります。シンプルなものから、デザイン性が高いものなど、寝室の空間にあったベッドを選ぶことができれば、より快適に過ごすことができるでしょう。
また、ご自身の体格に合わせて、ベッドの幅を見ることもポイントです。
体格に合わず、幅が狭ければ、スムーズに寝返りできなくなり、体に負担がかかってしまいます。普段、寝返りの度に目が覚めてしまうという方は、体格に合わせてベッドの大きさや幅も選ぶことをおすすめします。
これだけでも、朝の目覚めの快適さは変わってくるはずです。
お部屋ベッドスペースが限られている場合は、収納付のベッドをご検討されてはいかがでしょうか。あるいは脚の長いタイプであれば、ベッド下のデッドスペースを収納スペースとして有効活用できます。このような収納スペースがあれば、出し入れの頻度が少ないバスマットやシーツ類の替え、衣替えの服などをしまうことができて便利です。
そして、もうひとつおすすめしたいタイプはライト付ベッドです。
枕元にライトがあれば、必要なときにわざわざ部屋の電気をつけなくても、メガネや携帯など、近くに置いたものを探すことができるので、老若男女問わず人気があります。インテリア家具を取り扱うお店も様々ありますが、当サイトではたくさんのインテリアショップを掲載しており、もちろん、ベッドやマットなども豊富な種類が取り揃えられていますので、ご自身にあったものを見つけて、より快適な睡眠時間を過ごせるようお役立ていただければ幸いです。