ポータらんど

ライト/照明

おすすめアイテム


ベッド
価格:
SHOP:


ベッド
価格:
SHOP:


インテリア雑貨
価格:
SHOP:


ライト/照明
価格:
SHOP:

58点中 1 - 10 点目を表示



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:

58点中 1 - 10 点目を表示

ページトップへ戻る

ライト/照明について

欧米の家と日本の家とで違う点は、照明の使い方にあります。
日本の家では、天井の中心に大きな照明が設置されているだけという光景をよく目の当たりにします。
ではここでインテリアショップの照明を想像してみてください。
見せたいところを照らす小さなスポットライトやダウンライト。
これを取り入れてみませんか。
例えばカウンターキッチンなら、カウンターの上部にレールを引いて、ダウンライトを設置するだけで、そこに目が行き、部屋の広さの感覚が変わり、違った雰囲気が作ることができます。
テレビの横にはスタンドライトを置いて、その光源だけにしてみると、同じ場所でも、昼とは違う落ち着いたモダンな空間を演出できます。
ウォールを使って間接照明を利用するのもまた部屋の雰囲気が変わります。
元々、欧米の国は狩猟民族が多く、日中の活動より暗がりでの活動が主であり、明るすぎると目に刺激が強すぎるため、複数の小さな光源で家屋の照明を調節するようになったといわれています。
比べて日本は農耕民族が多く、太陽の動きとともに生活していたので、明るいほうが活動しやすく、それが家には大きく明るい照明がつくことに繋がっています。
照明の違いは仕方のないことでもあり、民族に合わせた暮らし方でもありました。
だからといって大きな照明だけでは味気ないので、ところどころ小さな光源を作り、シーンによって使い分け、空間を演出してみましょう。電球・蛍光灯の色にも注目です。
今人気があるのは、昼間のような明るさになる昼光色や昼白色よりも、温かみがある電球色や白熱灯です。その夕日のような優しい光は、食事を美味しそうにみせてくれるので、ダイニングやお客様をお出迎えする玄関でも人気でよく使われています。また、何気なく積み重ねて置いている本でもちょっとオシャレに見せてくれる光なので、片付けが苦手な人にもオススメです。
しかし、もともと太陽とともに生活していた祖先を持つ日本人にとって、電球色や白熱灯の光ではなかなか活発的になりにくい点もあります。
仕事や作業をする部屋、勉強をする子供部屋は昼光色や昼白色を選びましょう。
電気・照明は生活にはかかせません。なくてはならないものだからこそ、デザイン性が高いタイプを選ぶ、ディスプレイ棚を照らす遊びを取り入れる等して部屋の雰囲気を作ってみませんか。
豊富な照明器具の中からお気に入りのデザインを見つけ出してください。
電球はLEDが省エネで長持ちするのでおすすめです。
そして、寝室はリモコンで操作できるタイプだと大変便利ですよ。
照明を見直して、憧れの家・部屋の雰囲気に近づきましたか。
今よりもさらに居心地の良い空間になったとしたらそれは、あなたの感性が豊かな証拠です。