ポータらんど

フラワー/ガーデニング

おすすめアイテム


キッチン
価格:
SHOP:


キッチン
価格:
SHOP:


キッチン
価格:
SHOP:


キッチン
価格:
SHOP:

23点中 1 - 10 点目を表示



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:



ショップ名:

価格:

23点中 1 - 10 点目を表示

ページトップへ戻る

フラワー/ガーデニングについて

幼稚園児~小学生の子どもが将来なりたい職業ランキングにおいて、女の子の第1位には、13年連続で「パン・ケーキ・お菓子屋さん」が選ばれました。
アンケートを取った女の子の約3割が選んだそうです。
そして第2位には、「お花屋さん」が選ばれました。
どちらも可愛くて女の子の憧れの職業ですよね。
「パン・ケーキ・お菓子屋さん」を選んだ理由としては、「パンが好きだから」や「美味しいケーキを作りたいから」などが多いようです。
一方、「お花屋さん」を選んだ理由としては、「たくさんのお花に囲まれたいから」や「可愛いから」といった理由が多かったようです。
中でも「お花屋さん」は、特に女の子らしい職業で、華やかなイメージが強いですよね。
そんな華やかな表面とは裏腹に、実際に働いてみると、重労働で大変なお仕事のようです。
「お花屋さん」の仕事内容としては、毎日すべてのお花の水やり、水替えをします。
お花によっては重たいものもあるので、大変なのです。毎日水を使用するので、手が荒れる事もあります。あとは、お花のコーディネートです。お客様のご希望に合わせて、花束・コサージュを作ったり、アレンジを加えたりします。
用途に反らないように作らなくてはなりませんから、全種類のお花の知識を頭の中に入れておく必要もあります。
お見舞いに持っていくお花に、NGとされているのは、ヒヤシンスやユリなどの香りが強い花、ボタン、ダリアなどの、すぐしおれてしまい、花持ちが悪い花、鉢植え(根がついている=病院に寝付く)、とげがあるので怪我をしてしまう恐れがあるバラ、「死」や「苦」を連想させてしまうシクラメンなどは、絶対に選んではいけません。常識の範囲内だとは思いますが、お花を扱うプロとしては、お客様以上の知識を身につけていないといけません。
また中には、お葬式・結婚式用の大きな花輪を作る所もあるようです。
お花をコーディネートするので、それなりのセンスも必要としますが、自分がコーディネートした花束をお客様が買われて、別のお客様にプレゼントし、感謝をされた時はとても嬉しいものです。割と重労働で大変なお仕事ですが、お客様の感謝の言葉を励みに、頑張れますよね。「お花屋さん」のように、特定の物だけを扱っているお仕事は、その特定の物を好きにならないと、仕事を続ける事は大変厳しいと思います。
まずは、お花を好きになる。見た目だけ好きになるのではなく、お花ひとつひとつの性質や特徴を知って、好きになるのです。お花も人間や動物と同じく、生き物です。
道端にひっそりと咲いているタンポポも生きています。
大切に扱ってあげると、お花たちもきっと喜んでくれるはずですよ。